レーザー治療で負担軽減~椎間板ヘルニアの施術進歩~

先生

とても恐ろしいガン

先生

日本人に増えている病気

悪性リンパ腫は、近年、日本人の間で増えているガンです。この病気は血液のガンで、リンパ系組織から悪性腫瘍が発生します。リンパ系組織は全身に張り巡らされているので、体のどこにでも発生するリスクが有ります。転移する恐れもあるので、リンパ節やリンパ管だけでなく臓器に発生することもあります。悪性リンパ腫になると、初期症状としてリンパ節の腫れ・しこりなどが起こります。その他にも、患部の痛み、発熱、全身の倦怠感、体重減少、かゆみなどの症状も有ります。ですが、最初のうちははっきりとした兆候がないことから、進行して気づくことが多いです。悪性リンパ腫は、40歳以上で罹患率が高くなります。さらに高齢になるほど、病気になるリスクが上がります。なので、早期発見には定期健診が必須です。

具体的な治療方法

悪性リンパ腫は、全身にわたってできることが多いです。そのため、病院での治療では、普通のガンのように外科手術は行われないです。その代わりに、主に放射線療法、化学療法が行われます。まずは放射線療法とは、腫瘍がある部位にX線を照射する治療です。そうすることで、ガン細胞を少しずつ壊すことができます。そして、化学療法は、抗がん剤を内服薬か静脈内投与で体内に入れる治療です。体の内側から、ガンを除去できます。しかし、吐き気や気持ち悪さ、抜け毛等の副作用が起こることが難点です。悪性リンパ腫は、全身からすべてガン細胞が無くなったと証明することは難しいです。なので、治療してガンを確認できなくなった場合、寛解という表現を使います。寛解というのは、ガンによる症状がでず、問題ない程度を意味します。