レーザー治療で負担軽減~椎間板ヘルニアの施術進歩~

医者

日帰りで治療が可能です

医者

髄核が飛び出してしまう

椎間板ヘルニアという病気は、椎間板の中央部にある髄核が飛び出してしまうことで、神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こす病気です。椎間板は、髄核と呼ばれる柔らかい組織と、髄核を取り囲んでいる線維輪からできています。そして椎間板は、全ての椎骨と椎骨の間にあってクッションのように衝撃を吸収している訳です。しかし、想定以上の衝撃があると、まるであんパンの中のあんこがパンを突き破るかのように外側に飛び出してしまうのです。椎間板ヘルニアは、頸椎の部分と腰椎の部分に起こりやすいと言われていて、腰椎椎間板ヘルニアはぎっくり腰の大きな原因になるほど激しい痛みを伴います。そして、椎間板ヘルニアを治療するためには手術が必要となることもあります。

どのような手術があるのか

椎間板ヘルニアにはどのような手術があるのかと言うと、内視鏡を用いて飛び出した椎間板を切除する外科的手術と、レーザー治療があります。レーザー治療とは、椎間板ヘルニアが発生した部分の椎間板内部にレーザーで空洞を作り、椎間板内部の圧力を抜くことで、髄核を元に戻すという方法です。レーザー治療の最大のメリットは、患者のリスクを極力抑えることができ、日帰りで治療が可能なところにあります。ただし、レーザー治療に必要な治療費には保険の適用がききませんから、患者は治療費を全額負担しなければなりません。また、椎間板ヘルニアのレーザー治療を実施している医療機関はまだあまりありませんから、インターネットで探してみる必要があります。

とても恐ろしいガン

先生

悪性リンパ腫は、血液のガンで、主にリンパ系組織に腫瘍ができる病気です。初期症状としては、リンパの腫れ、熱、倦怠感、体重の減少等が有ります。特に痛みなどがないので、進行して病気に気づくケースが多いです。

詳しく見る

転移をするガン

病棟

転移がんは血液の流れに乗ってほかの部位に転移したり、手術などで細胞の切除に不備があったりするとおこってきます。リンパ管の中で詰まってしまうがん細胞もあり腹部や肺などで起こってしまうと、時に重篤な状態を引き起こしてしまいます。

詳しく見る

食道内で起こる病気

悩む男性

食道がんは最初は無自覚です。がん細胞が大きくなってくるとのどや神経を圧迫して食べ物が詰まったり、のど越しが悪くなったりします。長い間の食道の異常も食道がんを発症する下地となります。このがんを発症するとほかの臓器もがんになってしまうことが多くあります。

詳しく見る